華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

アメリカの大統領がサンタの悪い子リストに載る

悪い子リスト

サンタクロース

アメリカの子供達は、クリスマスイブにホワイトハウスに電話を掛けると大統領とお話が出来るかも知れないのです。

トランプ大統領やメラニア夫人と電話が出来たキッズも少なくありません。

ここまでは、ハートウォーミングなお話なのですが・・・

そのトランプ大統領が、サンタクロースの悪い子リストに載ってしまったらしいのです。

_______

★手書きすると忘れにくいのです。今年も大人気エルメスカラーが素敵!

トランプ大統領

事件は、昨年の2018年のクリスマスイブに起こりました。

電話に出たトランプ大統領は

ある7歳の子に彼はこう言いました。

「メリークリスマス。元気かい?何歳なの?」

この後、トランプ大統領はヤラかします!

「7歳?まだサンタを信じてるの??」

SNSでは勿論、大炎上!!!

純粋な子供の心を傷付けてはいけないと。

クリスマスディナー

トランプ大統領はこう位置付けされました。

トランプ大統領はクリスマスを台無しにするグリンチだ!」

グリンチと言うのは童話に登場するクリスマスを台無しにする生き物です・・

それにしても、ナンデこんな事言うのだろうか。 

12月24日のクリスマスイブ。

サンタクロースはサンタ村をトナカイと共に出発します。

何しろプレゼントは10億個以上と推定されますので、効率的に空を飛ばなくてはなりません。

ソリの先頭は、今年も絶対リーダー赤鼻のルドルフ!

サンタクロース

サンタクロース

カナダの上空では、4名のパイロットがサンタクロース一行のエスコートをします。

「こっちですよ。」とルートを先導してくれるわけですね。

毎年、パイロット達の名前と写真が発表されています。

2019年も同様、エスコートパイロットの名前が発表されました。

 カナダの公報によると、今年のエスコート

★Dave Moarさん

★Craig shapさん

★Colin Marksさん 

★Yannick Jobin さんの4名。

「離陸準備OK。いつでもどうぞ、サンタさん!」とのメッセージと共にエスコートパイロットは、非公開の場所からの離陸を許可されます。

上空のサンタクロース

サンタとイギリス

イギリス上空では、管制官がしっかりサポートします。

「サンタさん、イギリスへの進入経路に支障はありません!」

飛行場にサンタのソリが降りて来て

「イギリスはサンタのために空の安全を守っています。」というメッセージで動画は締めくくられます。

イギリスは、サンタさんの休憩場所も提供するそうです。

サンタクロースが本当にいるのか?いないのか?それは、信じるかどうかで決まりますが、大人達がこの様に関わるのってイイなと思うのです。

_______

★アリスの手帳です!可愛いしおりも便利!