華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

7万人が目撃!!ファティマ第3の予言は宇宙人が関係するのか?

聖母マリアの出現

ファティマ第3の予言

出典 Wikipedia

 ポルトガルの小さな村ファティマで起きたその出来事は

1916年から始まりました。

 

この村に住むルシア・フランシスコ・ジャシンタの3人の子供達は

15歳くらいの若者の天使と出会います。

その後も天使は彼らの前にやって来て

1917年5月13日、ついに聖母マリアが現れました。

予言とお告げ

ファティマ第3の予言

 

出典 Wikipedia

★上の写真は7万人の観衆の前に、最後に聖母マリアが現れた時の実際の
写真。

 

聖母マリアは3人に予言やお告げをします。

①第1次世界大戦の終結

②大きな不幸の前、神の警告があるだろう

③秘密とされている

 

ルシアは修道女となり、第3の予言をローマ教皇に伝えました。

2005年2月13日の97歳で天に召されています。

 

第3の予言が何故秘密なのか?

1960年に衝撃的な内容を知った当時のローマ教皇は、その場で卒倒したと言います。

そしてその内容を公にする事を厳しく禁止しました。

2000年になって、バチカン法王庁はファティマ第3の予言を公開しました。

ところがその内容は、教皇が卒倒したと思えるほどのものではなかったのです。

この事から、納得する者は少なく隠ぺいが行われたとの憶測が飛び交いました。

 

宇宙人が人間を作ったのか

ファティマ第3の予言

 

出典 Wikipedia

聖母マリアの出現を報じる新聞記事

真実の内容は何だったのか?

あくまで説、です。

★人間の起源は、神がお作りになったのではなく宇宙からやってきた何者かに作られた説。

★第3次世界大戦

この2つが有力と言われています。

実は、姿を現した聖母マリアが宇宙人だったのではないか?とも言われています。

その理由は

★私達が何処から来て何者であるか、1960年にならないと理解出来ないでしょう、と言っていること。

★キリスト教の絵画には宇宙船UFOとしか思えない物が描かれていること。

★聖母マリアが宇宙人ならば、その子であるキリストも宇宙人ということ。

7万人が見た聖母マリアの奇跡

聖母マリアは合計7回出現したと言われています。

最後に現れた10月13日は、小雨が降る日でした。

集まった人々は、7万人。

その7万人の前で不思議な光景が繰り広げられます。

太陽が異常な回転を見せ、矢の様な光を放射し 

乱舞するかのように太陽は地表に急降下したり上昇したりしたと言います。

それは10分もの間!

この出来事で興味深いのは、聖母マリア出現に対し懐疑的な人々も目撃している事です。

そして日本国内の新聞でも、記事となって報道されました。

 

教皇が卒倒した内容、私は人類は宇宙人が作った説だと勝手に信じています。

 

www.hanako-kaguzakka.com