華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

古代エジプトの歴代女性ファラオ達

女性ファラオ達

巨大なスフィンクスの像

紀元前3000年頃~30年まで繁栄した古代エジプト

長い歴史の中で多くのファラオが出現しました。

女性のファラオ(女王)達も登場します。

兄弟との共同統治だったり、ファラオの妻だった事が理由だったりします。

 

www.hanako-kaguzakka.com

 

7人の女王達

①メルネイト

第1王朝4代目ファラオ、ジェドの妻です。

夫の後を継ぎ

紀元前2950年頃に統治者となりました。

息子デンの摂政的な立場だったとの説もありますが

公的な複数の記録が残っているので、彼女自身の治世があった事は確実視されています。

 

②ニトクリス

実在したかどうかで議論が分かれる女王。

彼女が本当に存在したとするならば、ペピ2世の娘だろうと伝えられています。

ペピ2世は古代エジプト第6王朝最後のファラオです。

 

③セベクネフェル

第12王朝の8代目の女王です。

紀元前1806年~1802年を統治しました。

セベクネフェルは像などが現存しています。

彼女は男性名と女性名のふたつの名前を持っています。

__________

香油は女性ファラオ達の愛用品でした。

現代の私達は、香りでエジプトを感じる事が出来ます。

エルメス!ナイルの庭です。

 

④ハトシェプスト

彼女が統治した時22年間のエジプトは、とても平和だったと言われています。

女王になってからは男性ファラオの装いをしていたそうです。

紀元前1479年~1458年まで治めていました。

 

⑤ネフェルティティ

古代エジプトの美女3人のうちのひとりです。

 

第18王朝のファラオ、アクエンアテンの妻でした。

古代エジプトが最も豊かに繁栄した時期とも言われます。

6人の娘達をもうけますが、彼女については不明な点が多いのです。

夫の後を継いで短期間、王に就いた説があります。

 

⑥タウセルト

第19王朝6代目ファラオ、セティ2世の妻です。

サプタハと言う少年が後継者として王位に就きましたが、彼の後見人として共同統治する事になりました。

その後タウセントはひとりでエジプトを統治しますが、内乱が起き失脚します。

 

 

www.hanako-kaguzakka.com

 

⑦クレオパトラ

私達が思い浮かべる女王と言えばクレオパトラではないでしょうか?

一般的にクレオパトラと言えばクレオパトラ7世をさします。

彼女の母親はクレオパトラ6世です。

紀元前69年に生まれたとされる彼女は、プトレマイオス12世の娘でした。

古代エジプト史にはクレオパトラと呼ばれる女性達は他にもいますが、1番有名なクレオパトラが彼女ではないでしょうか。

クレオパトラと言う名前の意味は「父親の偉業」と言う意味を表すギリシア語だそうです。

紀元前3000年頃に始まった第1王朝を始まりとし、紀元前30年に消えたプトレマイオス朝。

彼女は、古代エジプトでの最後の女王であり統治者でした。

古代エジプトの2体の石像

ツタンカーメンの妻

女性ファラオではありませんが、もうひとり女性をご紹介します。

彼女はアンケセナーメン。

有名な少年王ツタンカーメンの妻です。

第18王朝のファラオ・アクエンアテンと正妃ネフェルティティの三女。

 

ツタンカーメンとアンケセナーメンは、とても愛し合う仲の良い夫婦でした。

歴史に翻弄された女性として語られる事もあります。

 

古代エジプトでは女性ファラオの活躍も見逃せません。

____________

どどーーん!ツタンカーメンです。

黄金のマスクのレプリカ登場!!!!

欲しいーーーー!