華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

カナダ・プリンスエドワード島グリーンゲイブルズで始まる赤毛のアンの物語

アン誕生の家

赤毛のアンの

 

物語の中でアンが新生活を始める事になったグリーンゲイブルズとは、緑の切妻屋根と言う意味の屋号です。

カナダの美しいセントローレンス湾にある小さな島にグリーンゲイブルズはあります。

その小さな島の名をプリンスエドワード島と言います。

 

www.hanako-kaguzakka.com

 

 実際には

ここには作者ルーシー・モンゴメリの親戚達が居住していました。

モンゴメリもこの家が好きだったのでしょう。

インスピレーションを受け、物語赤毛のアンが生まれました。

1900年代に出版された時のタイトルは「グリーンゲイブルズのアン」です。

 日本では1952年村岡花子さんによって翻訳されました。

ドラマでも有名です。

女の子の多くが夢中になった物語ではないでしょうか。

物語の始まり

赤毛のアンの物語の始まりです。

グリーンゲイブルズと呼ばれるここに住んでたのは、2人の大人達。

60歳を過ぎた兄と50歳を越えた妹は、カスバート家所有の農場や牧場の運営の為に、力となる少年を探していました。

万事整えたはずなのに、駅に立っていたのは大きな瞳の女の子アン・シャーリー。

予想外の展開にふたりは困惑しますが

兄と妹は、アンを養育しようと決めます。

個性的な人々

 物語の中で、アンが関わっていく個性的で愛すべき人々をご紹介します。

  _________

 

アン・シャーリーの物語が始まります!本を開くとアン達の毎日が動き出します!