華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

存在しない国から羽田空港に来たオトコ。昭和29年の日本はどう対応したのか?

 

存在しない国トレド

タイムトラベラー

 1954年(昭和29年7月)日本の羽田空港で不思議な事件が起こります。

 

身なりのキチンとした白人のビジネスマン男性が飛行機から降り立ちました。

暑い真夏の日本。

その飛行機は、ヨーロッパから羽田空港に来たものでした。

ところが彼は、存在しない国のパスポートを持っていたのです。

 

彼が持っていたパスポートはトレドが発行したもの。

 

 パスポートによると彼の名前はジェナンスファー・バーホドリック。

生年月日は1988年9月11日、この不思議な事件当時はもうすぐ65歳。

 

彼は、フランス語も含め数カ国語が話せて日本語に堪能でした。

世界地図

 

 入国管理官は、彼の入国を拒否します。

管理官がいくら入念に調べても、世界中のどこにもトレド国は存在しなかったからです。

 

係員が差し出した世界地図に、自身の国が載っていない事に彼はとても動揺していたと言います。

彼が世界地図で指差したトレドの場所は、スペインとフランスの間だったそうです。

 

www.hanako-kaguzakka.com

 

謎のパスポート

f:id:hanakokagu:20191222215532j:plain

上は、彼のパスポートの写しです。

彼はこう語ったそうです。

「自分はトレド国の人間で国際的な企業に勤めている。

日本とは10年ほど事業展開をしていて、今年に入って3回目の訪日だ。

今日泊まる都内のホテルも予約してある。

それらを証明したいので政府高官に会わせて欲しい。」と。

 

★偽造パスポートではない事。

★今回も仕事の為に日本に来た事。

彼はこれらを証明するとして、仕事で会う予定の取引会社の名前をあげました。

相手先の会社は1954年当時実在していましたが

「彼を知りません。」との答えでした。

 

  彼が所持していたパスポートには、正規の日本のスタンプが押されていました。

それは、彼がトレド国と日本を正式なルートで行ききしていたと証明するものでした。

彼は他にもヨーロパの数か国の硬貨・小切手・日本滞在中の都内のホテルの予約証・国際免許証を所持していたそうです。

 

ですが

★小切手を発行したはずの銀行は世界中のどこにも存在していない。

★国際免許証も同様。

★予約してあると言う日本のホテルも存在しない。

★彼の勤務先の会社も確認できない。

 

トレド国は存在しない!

タイムトラベラー

入国審査は長時間続きましたが、彼の示す証拠だけでは解決できません。

男性が持つパスポートの発行国が存在しない国だからです。

 

結果、日本への入国は認められない事になってしました。

ですが、送り返そうにもトレドと言う国が確認できないのです。

 

政府の関係者達は、彼が8時間も拘束されて居る事を気の毒に感じましたが存在しないホテルには移動させらません。

しかたなく羽田空港に近い別のホテルに移します。

 

お部屋の外に警備員を配置し、彼が逃亡しないよう万全の体制を作りました。

彼は2名の入国管理官に付き添われ、ホテルのレストランでお食事をし

その後、見張りの付いた部屋に入りました。

 

 翌朝、入国管理官が合鍵でお部屋に入ったところ・・・

彼は荷物と共に姿を消していたのです。

消えてしまったのは彼と彼の荷物だけはありませんでした。

 

羽田空港でも不可解な事が起きていました。

今回の1連の不思議な出来事の取り調べ書類も全て消えてしまっていたのです。

 

日本政府関係者の大掛かりな捜査 

 

窓が開けられた形跡もなく、日本政府関係者と警察はおおがかりな捜査を行いましたが

謎の男の足跡をたどる事は出来なかったと言います。

そして2度とこの男性が姿を現す事もありませんでした。

1954年に羽田空港についた謎の男

ジャパンタイムズに掲載された記事

 

1954年(昭和29年)の英字新聞・週刊ジャパンタイムズにこの出来事が掲載されています。

「偽造パスポートを持った男が羽田から日本に入国しようとしたので、入国管理官が抑留した。」と。

短い記事ではありましたが犯罪事件として掲載されたと言います。

 

この不思議な事件で忘れてはならないのは

羽田空港に着いたヨーロッパからの飛行機に彼が乗っていた事です。

 

ヨーロッパから日本へ飛行機に乗り羽田空港までやって来た。

過去2回の訪日が正規のものである事。

f:id:hanakokagu:20191222215532j:plain

この事件が起きたのは1954年の昭和29年です。

ジャパンタイムズに事件が掲載された事を除きますと、27年後の1981年以降に広く知られる事となった様です。

Directory of Possibilitiesと言う本がきっかけだった様です。

 

この白人男性ジェナンスファー・バーホドリックはどこに消えたのでしょう?

私達とは別の時間軸からやって来て、帰って行ったのでしょうか?

 

タイムトラベラー以外の説明があるかな?と華子は思うのです。

 

都市伝説系を 一挙17件書いてます!

宜しければ是非!

 

http://giselle2014.blog.jp/archives/82563447.html