華子の知らない世界  

歴史も都市伝説も大好きな華子のブログです。

存在しない国から羽田空港に来たオトコ。昭和29年の日本はどう対応したのか?

 

存在しない国

タイムトラベラー

 昭和29年7月(1954年)日本の羽田空港で不思議な事件が起こります。

 

身なりのキチンとした白人のビジネスマンが飛行機から降り立ちました。

その飛行機は、ヨーロッパから来たものでした。

ところが彼は、存在しない国のパスポートを持っていたのです。

彼は、フランス語を交えながらも日本語に堪能

どうやら日本語の他に数ヶ国語を話せる様でした。

世界地図

彼が持っていたパスポートはトレドと言う国が発行したもの。

 入国管理官は、入国を拒否します。

管理官がいくら入念に調べても、世界中のどこにもトレドは存在しなかったからです。

係員が差し出した世界地図に、自身の国が載っていない事に彼はとても動揺していたと言います。

偽造パスポートを使用する場合は実際に存在する国名を使うものです。

彼はそうではありませんでした。

トレド発行のパスポート

 

www.hanako-kaguzakka.com

 

謎のパスポート

上は、彼のパスポートの写しです。

彼はこう語ったそうです。

「自分はトレド国の人間で国際的な企業に勤めている。

日本とは10年ほど事業展開をしていて、今年に入って3回目の訪日だ。

今日泊まるホテルも予約してある。

それらを証明したいので政府高官に会わせて欲しい。」と。

 彼が所持していたパスポートには、正規の日本のスタンプが押されていました。

それは、彼がトレドと日本を正式なルートで行ききしていたと証明するものでした。

彼は他に硬貨・小切手・日本滞在中のホテルの予約証・国際免許証を所持していたそうです。

タイムトラベラー

政府の関係者達は、彼が8時間も拘束されて居る事を気の毒に感じ羽田空港に近いホテルに移します。

お部屋の外に警備員を配置し、彼が逃亡しないよう万全の体制を作ります。

彼は2名の入国管理官に付き添われ、ホテルのレストランでお食事をしました。

その後、見張りの付いた部屋に入りました。

 翌朝、入国管理官が合鍵でお部屋に入ったところ・・・

彼は荷物と共に姿を消していたのです。

 

窓が開けられた形跡もなく。政府関係者はおおがかりな捜索と捜査を行いましたが

謎のオトコの足跡をたどる事は出来なかったと言います。

1954年に羽田空港についた謎の男

1954年(昭和29年)の英字新聞・週刊ジャパンタイムスにこの出来事が掲載されています。

「偽造パスポートを持った男が羽田から日本に入国しようとしたので、入国管理官が抑留した。」と。

 

この不思議な事件で忘れてはならないのは

羽田空港に着いたヨーロッパからの飛行機に彼が乗っていた事です。

乗っていたの!飛行機に!

これ・・タイムトラベラーでしょ・・絶対。

__________

都市伝説と言えばこの人!siriに何回も聞いてみました。「宇宙人は日本に住んでいるの?」って。