バレンタインデーとセクハラパワハラ?職場で注意するべき暗黙の了解とは。

バレンタインデーとセクハラ・パワハラ

バレンタインデーをよろしくないものとして禁止している国もあるそうです。

日本のバレンタインデーは、好きな人への告白から自分へのご褒美チョコへと変化があったり、柔軟なんだな~なんて思ったり。

職場内のバレンタインデーやホワイトデー、義理チョコがセクハラ・パワハラと見なされるケースがあるという点には注意です。

ホワイトデーとブラックデー

昭和50年1975年頃から定着してきた日本のバレンタインデー

昭和55年の1980年前後には

ホワイトデー&義理チョコの登場!!!

日本発祥とされるホワイトデーは東アジア各国にも広がったそうです。

韓国では

★2月14日はバレンタインデー

★3月14日はホワイトデー

★4月14日


バレンタインデーとホワイトデーの両日にハズシちゃた男女が、黒い物を

飲べるブラックデーが訪れるそうです。

4月14日ブラックデー!

そこで出会いがある~なんて話もあります。

年間のチョコレート総消費量の2割が集中するというバレンタインデー

日本のチョコレート年間消費量は世界第10位以下?!

チョコレート大好きな皆さんは、ドイツ、スイス、イギリスとヨーロッパ勢が多いみたいです。

寒いお国だから?

バレンタインデー

2月が来るたびに 興奮と恐怖が入り混じった空気になります この伝統はいつ頃から始まったのでしょうか?なぜ今でもお祝いしているのでしょうか?花子さんのブログでは、年に一度、世界中で行われているこの風習について、知っておきたいことをお伝えします。

しかし、最近ではバレンタインデーにセクシャルハラスメントやパワーハラスメントの事例が増加していますが、それでも祝う価値があるのでしょうか?

バレンタインデーの起源

バレンタインデーがどのようにして誕生したのかは現在でも議論されていますが、ローマ帝国時代に皇帝クラウディウス2世の支配下にあったことから始まったと考えられています。バレンタインという名の2人の男性が皇帝によって処刑された後、カトリック教会は彼らの殉教者としての死を称えて、聖バレンタインデーを制定し、それを祝うようになったのです。

また、5世紀には、教皇ゲラシウス1世が、異教の儀式を取り除くために、2月中旬にこの日を設け、ローマのお祭り「ルペルカリア」と組み合わせたとも言われています。

今日の祝い方

今日、バレンタインデーは毎年2月14日に祝われています。世界中のカップルが愛を祝う特別な日とされていますが、中には家族や友人などの大切な人を称えるために、この日を特別な日とする人もいます。

伝統を壊す

しかし、2月14日は甘いものばかりではありません。日本の働く女性たちは、男性の同僚にチョコレートを贈るという日本のバレンタインの風習に少しずつ反発しています。この習慣は1950年代に始まったもので、「義理チョコ」と呼ばれています。

職場でのセクシャルハラスメントやパワハラとみなされる可能性があると考えられていました。現在では、この伝統を破り、代わりに自分や愛する人への贈り物を選ぶ人が増えています。ボイコットを支持して、オフィスでの伝統を禁止する企業も出てきています。

バレンタインデーをどのように祝うにしても、あなたの人生の中で本当に大切な人のことを思い浮かべてください。その人たちにどれだけ愛しているかを伝え、独身の場合は自分自身にも愛を贈りましょう。何よりも大切なのは、愛は毎日祝うべきものだということです。

花子のブログをチェック

当サイトの残りの部分は、あなたを何時間も楽しませてくれるような、あらゆる種類の斬新な物語が満載です。ホラー、奇妙な出会い、そして純粋に猟奇的な物語など、夜も眠れないようなものもあります。あなたが何に興味があっても、私たちはみんなのために何かを持っています。気軽に覗いてみてください

親切にしてください。あなたのソーシャルメディアページで私たちのキュレーションしたコンテンツを共有してください。私たちはあなたのサポートを非常に感謝しています。私たちは継続的に新鮮なコンテンツで私たちのサイトを更新しているので、他の物語のためにチューニングされたままにしておいてください。お使いのブラウザで私たちのページをブックマークすることを忘れないでください。