花子Kaguzakka:一番人気のある日本の都市伝説

日本は、都市伝説を探すのに最も興味深い場所の1つです。国は発見されるのを待っている語られていない物語で這っています。ほとんどの都市伝説は、子供たちを怖がらせて夜にさまようことがないようにするために使用される単なる空想的な物語ですが、これらの 物語は実際の場所や物から根付いています。すでに悪寒があなたの背骨を流れ落ちるのを感じていますか?それを正しく理解して、どの都市伝説が彼らの恐ろしい物語であなたを夜に追いやるのか見てみましょう! 

びっくりする! 

実際の出来事に基づくゴーストストーリーほど怖いものはありません。これらの話は気弱な人向けではないことに注意してください。あなたが簡単に怖がるなら、今が引き返してあなたの陽気な道にいる時です。勇敢な人のために、ここ花子かがずっかで今まで聞いたことのない物語を読み続けて発見してください! 

  • 無法な犬鳴村廃墟となった村に出くわし 

このた不幸な人のために、入り口のすぐ外に、法律が適用されないので、戻るようにとの標識があります。村は人里離れた場所にあるため、トンネルを通ってしかアクセスできません。同トンネル内では、工事中に倒壊した後、数百人の労働者が死亡した。その後も住んいた 村にでが、不思議な理由で全員が跡形もなく姿を消し、夜は吠え声と吠え声しか聞こえなかった。 

  • 人間の髪の毛を育てる人形人間の髪の毛を育てる人形 

の物語は、兄弟間の無邪気な物語として始まりました。北海道在住の17歳の男の子が1918年に2歳の妹のためにこの人形を購入したと言われています。この人形は髪型が同じであるため、妹との類似性は目立ちません。沖久という妹は人形が大好きで、どこへ行っても持ち歩いていました。 

彼女が幼い頃に何らかの病気で亡くなったとき、彼女の家族は彼女にちなんで人形に名前を付け、家族の神社でそれを祈った。数ヶ月後、家族は人形の髪の毛がことに気づき 徐々に長くなっているました。彼らはそれをカットしようとしましたが、それは成長し続けました。突然の出来事を恐れて、沖久の父は岩見沢市の萬念寺に人形を配った。科学者たちは後に人形の髪の毛を分析し、それが本物の人間の髪の毛であることを発見しました。 

  • 丸岡城 

の人身御供人柱と呼ばれる人身御供はで 、16世紀まで日本行われていました。この儀式の間、労働者 て、犠牲者を柱、ダム生きたまま埋め 神々をなだめることを期待し、建物の基礎に は、敵から建物を守るためにます。堺の丸岡城の建設中、壁の一つが崩れ続け、労働者たちはそれを補強する方法についてのアイデアを使い果たしていました。彼らは結局犠牲に行きました。お静という一人の女性は、息子が侍になる代わりに犠牲になることに同意しました。お静は殺されたが、息子への約束は果たされなかった。今、たびに 春が来る 城の堀 、が溢れ お静の涙を象徴するおています。