花子かぐざっか:歴史の重要な瞬間

多くの人が歴史を退屈なトピックと表現していますが、それは本当に興味深い答えの探求です。日本の歴史の中で最も象徴的な瞬間について知りたいですか?ここで詳細を掘り下げます。

世界初の小説は日本人女性によって書かれました。

1010年頃、世界初の小説「源氏の物語」が完成しました。紫式部というペンネームで通った日本人女性の作品です。本名は謎でしたが、力強い藤原氏の下支部で生まれたそうです。彼女は生きている間、一条天皇の宮廷で城戸門人皇后に仕えました。

小説 『光源氏の物語』は、光源氏というキャラクターのロマンチックな功績を示しています。彼は架空の桐壺帝と下級の側室の息子でした。この物語は、794年から1185年までの京都の平安時代の生活と習慣を垣間見せました。

「神の風」は日本人がモンゴルを倒すのを助けました

1274年と1281年に、クビライカーンは日本を征服するために2つの巨大な海軍を送りました。 1274年に3万人から4万人の最初の艦隊が九州の島々と北海岸に侵入するために送られた。しかし、博多湾に停泊しているモンゴルの船に台風が襲ったため、彼らに反対した。

台風は艦隊の約3分の1を沈め、残りは家に帰るように促しました。当時のモンゴル軍の戦術と武器に大いに圧倒されていたので、これは日本人にとって幸運な偶然でした。

モンゴルは1281年8月に4,400隻の船と140,000人の兵士を乗せた第2艦隊を派遣しました。しかし、第1艦隊と同様に、侵略軍の少なくとも半分を溺死させた強力な台風に再び襲われました。次に、数百隻以上の船が海の深さに沈みました。

これらの出来事のために、「神風」または「神風」という用語は、日本を外部の脅威から保護する神の存在がどのようにあったかを示すために造られました。

歌舞伎は女性によって発明されましたが、男性に引き継がれました

。歌舞伎という用語は「歌舞伎おとり」に由来します。この芸術形式は、売春行為に従事しながら踊り、行動した旅団を結成したオコニという女性の功績によるものです。その結果、歌舞伎は全国の歓楽街に急速に広まりました。

しかし、侍が彼らの好ましいパフォーマーをめぐって争ったとき、問題が起こりました。彼らはまた、最終的には1652の禁止されたので、これは女性から1629に歌舞伎に従事から禁止女性に政府を率い、パフォーマーは若い男の子に変更し、それでも同じ問題につながりました。 すべての-old人の歌舞伎をあなたが今日見ることは実践されました。