知っておくべき日本の都市伝説トップ3

は、キャンプファイヤーストーリーや眠りのパーティーでよく言われ、みんなにゾッとさせます。これらは、幽霊、夜の不思議な生き物、そして人間が自分ではできない超常的な活動についての物語です。 

日本は怖い話で大きいです。人身御供から幽霊の出るトンネルまで、友人や家族に話をするのはどういうわけか伝統になりました。これらの忘れられない物語が、人々が知っていて愛している多くの恐ろしい日本映画の基礎となったことは否定できません。 

しかし、ある世代から次の世代に受け継がれるこれらの都市伝説には、しばしば真実があります。ほとんどの場合、これらのストーリーは実際のイベントに基づいています。花子かぐざっかをスクロールしながら、これらの物語を知ってください!

人の髪を育てる日本の人形

伝説によると、1918年の北海道で、鈴木栄吉という人物が妹の菊子のために伝統的なオカッパの日本の人形を購入しました。少女は人形が大好きで、風邪で亡くなるまで人形を身につけていました。 

家族はその人形を娘の神社として保管し、子供の名前のアナグラムであるオキクと名付けました。時間が経つにつれて、彼らは人形の髪が長くなっていることに気づきました。彼らは娘が人形を持っていると信じて、満念寺に渡すまで世話をしました。

今日、あなたはそれが住んでいる寺院の中の人形を訪問することができます。髪は頭から今日まで成長します。僧侶が何度髪を切っても、膝を越えるまで成長し続けます。 

丸岡城の人身御供

16世紀まで日本で行われていた人身御供の一種である人柱は、領主や貴族によって広く行われていました。農民は、自然の神々に祝福される必要のある柱やダムなどの場所に並んでいます。伝説によると、人身御供を提供することで、嵐、地震、その他の自然災害などの危害から場所を守ることができます。 

福井県の丸岡城もその儀式を行っていました。その頃、建設業者がどれだけ補強しても、城壁の1つが建設中に崩れ続けました。 

片目の農民の女性がこの任務のために選ばれましたが、彼女の息子が彼女の犠牲の後に侍になるように領主に要求しました。主が同意すると、彼女は犠牲になり、城の中央の柱の下に埋葬されました。 

しかし、領主たちは約束を守らなかった。犠牲の後、城の堀は春の雨ごとに溢れていました。多くの人は、洪水が女性の精神をもたらし、領主たちの約束が破られたことを悲しんでいると信じていました。 

彼女の埋葬地には、何千年にもわたる悲しみの中で彼女の精神に平和を与えるために建てられた墓があります。

日本の都会の物語をもっと知りたいですか?実際の出来事に基づいたもっと不気味な話については、花子かぐざっかをチェックしてください!