【100年ごと】世界的な大流行

100年ごとに来る大流行

 新型コロナウイルスが猛威をふるっております。

歴史的にみますと、数字の不思議な法則があります。

☆【2020年】

新型コロナウイルス

☆【1918年】

スペイン風邪

☆【1820年】

コレラ

☆【1720年】

ペスト

 100年ごとに大流行が起こっています。

人類が勝った天然痘

感染症を発生させたウイルスで人類が完全に勝ったのは、天然痘だけだとも言われています。

フランスのルイ15世も犠牲になりました。

【ペスト】

黒死病とも言われるペストは、複数回の世界的大流行が記録されています。

19世紀末に北里柴三郎氏によって原因がつきとめられ、劇的な現象をみました。

ですが、感染は続いており2000年代の今も発病が確認されています。

【コレラ】

重篤になると1時間の間に1リットルの体内の水分が失われる病気です。

ところが不思議と腹痛がないそうです。

お水が原因であるとつきとめられ、劇的に減りました。

現在でも発展途上国では発病しています。

【スペイン風邪】

 スペイン風邪はインフルエンザです。

記録に残る人類最初のインフルエンザの大流行が、このスペイン風邪でした。

日本でも大流行し 大山捨松さんも犠牲になりました。

大山捨松さんは、岩倉使節団に同行し渡米した女子留学生のおひとりです。

帰国後は大山巌と結婚し鹿鳴館の花と称されました。

偶然なのでしょうか?100年ごとの世界的な大流行。

 ↓の写真は日本のスペイン風邪の頃のものです。

他人とは1.2メートル離れる事。

マスクをする事など、予防指南がされました。 

コビド19型パンデミックはどのように展開したか

COVID-19パンデミックは世界でも最悪のパンデミックの一つとなっています。各国はロックダウンを余儀なくされ、誰もが行き詰まっていました。一部の国では検疫措置が緩和されたにもかかわらず、この病気の脅威は依然として存在しています。

今年に入り、新たな変異型ウイルスが発見されたことで、各国は厳戒態勢に入り、感染拡大を防ぐための対策を強化しています。

花子のブログでは、この病気の概要、パンデミックの発生の経緯、世界の現状などを紹介しています。安全に過ごすためにはどうすればいいのか、そしてこれからの流行に備えるためにはどうすればいいのかをご紹介します。

COVID-19について知っておくべきこと

コロナウイルス病2019(通称:COVID-19)は、これまで確認されていなかった新しいコロナウイルスが原因で起こる感染力の強い病気です。風邪などの軽症の原因となる既知のコロナウイルスとは異なるものでした。発生のニュースは、中国の武漢市で、中国当局が世界保健機関(WHO)に、同市周辺で飛び出した非定型肺炎の症例を通報したことから始まった。

この謎の病気は原因不明で、最初は2019-nCOVと呼ばれていましたが、間もなく2020年2月11日にCOVID-19に改名されました。

研究によると、ウイルスは通常、感染した人との密接な接触(6フィート以内)を通じて拡散する。感染者の口から飛沫に含まれるウイルスは、話したり、息を吸ったり、歌ったり、咳やくしゃみをしたりすることで感染します。

健康な人が口や鼻からこれらの飛沫を吸い込むことで感染します。また、ウイルスが付着した表面に触れた人が、その後に鼻や口、目などに触れることでも感染します。

また、現在では、空気中にしばらく残っている飛沫や粒子を吸い込むことで感染すると考えられています。これは、室内や密閉された空間のように適切な換気が行われていない場所で起こりやすいとされています。

COVID-19の症状

症状としては、以下のようなものがあります。

  • 発熱
  • 乾いた咳
  • 極度の疲労感・倦怠感

他の症状はまれですが、以下のような感染者に影響を与える可能性があります。

  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 味や匂いの喪失
  • 下痢
  • 筋肉や関節の痛み
  • 悪寒
  • 吐き気と嘔吐
  • 結膜炎や赤目

上記の症状は軽症の場合がほとんどですが、COVID-19では以下のような症状を示す重症の場合もあります。

  • 胸の痛み
  • 息切れ
  • 食欲不振
  • 高熱(38℃以上)

しかし、現在では感染しているという自覚症状がない無症状のケースもあります。このようなケースの方が、知らない間に積極的に病気を広めてしまうので危険です。

重要な注意事項

上記の症状のいずれかまたは組み合わせに苦しんでいる場合は、すぐに自己検疫を行うか、症状が悪化した場合は医療機関に相談することをお勧めします。また、感染の兆候を示している人を知っている場合は、適切な当局に連絡してください。これ以上の感染を防ぎ、地域社会をこの病気から守るためには、あなたの迅速な行動が必要です。

感染者に何が起こるのか?

症状は通常、ウイルスに感染してから5日から6日以内に現れますが、1日から14日の間に現れることもあります。最近の統計によると、感染者の80%または大多数は病院での治療を受けずに回復しています。重症化するのは15%で、集中治療を必要とする重症化は5%に過ぎません。

回復した重症者は、脳や腎臓など他の臓器に長期的な影響を及ぼす可能性があるとの報告もあります。

どのような人が感染する可能性が高いですか?

誰もがウイルスに感染するリスクがありますが、中には以下のような人が感染するリスクが高い人もいます。

  • 高齢者
  • 基礎疾患のある方
  • 子供と十代
  • 保健ワーカーをはじめとする最前線の人々

テストを受ける

症状が出ている場合は、すぐに検査を受けるべきです。また、医療専門家は、感染者に感染した人も検査を受けるべきだとアドバイスしています。感染しているかどうかを調べるには、PCR検査が強く推奨されています。口と鼻を綿棒でぬぐい、これらのサンプルを研究室に送ります。PCR検査は正確ですが、1~2日後に結果が出ます。

一方、すぐに結果が出る迅速検査もありますが、精度が低く、エラーが出やすいです。その時に採取した人が感染力が強く、ウイルスがコミュニティに広がっている場合には、最も効果があります。

COVID-19に曝露された場合のガイドライン

  • お近くの病院やお近くの検査センターで検査を受けてみてはいかがでしょうか。
  • すぐに検査を受けられない場合は、14日間の隔離期間を開始しましょう。
  • 隔離期間中は外に出てはいけません。家にいて、他の人と1メートルの距離を保ちましょう。
  • 医療用マスクを着用している間は、1つの部屋に留まり、必要な場合のみ外出することをお勧めします。
  • 換気の良い場所にいなければなりません。
  • 手や使用済みのものはこまめに消毒しましょう。
  • 14日間の隔離期間内に症状が出ていないか確認してください。
  • 症状が出た場合は、すぐに最寄りの病院に連絡してください。
  • 症状がなければ、外出して日常生活を再開することができます。

医師や健康専門家は、誰もが必要なときだけ外出し、レジャー目的の旅行は避けるようにアドバイスしています。また、このパンデミックの間は、地域のガイドラインに従うことが推奨されています。

  • 外出時には常にマスクを着用すること
  • 追加の保護のためのフェイスシールドの着用
  • 石鹸と水で20秒以上、こまめに手を洗う
  • 水と石鹸が手の届かないところにある場合は、70%以上の溶液で除菌剤とアルコールを使用します。
  • 顔を触らないようにする
  • 自分と他人との間に1メートルの適切な距離を保つこと
  • 咳やくしゃみをしたときに口や鼻を覆う
  • 触る前にまず表面を消毒する

COVID-19 パンデミックタイムライン

COVID-19病がパンデミックになった経緯を簡単にご紹介します。

  • 2019年12月31日、中国・武漢市で新型コロナウイルスが発見され、街全体で肺炎を引き起こしています。
  • 2020年1月9日、WHOはこの新型コロナウイルスを世界に向けて発表する。
  • 武漢は1月23日に検疫下に置かれた。
  • その直後、このウイルスはアメリカやドイツなど世界の他の地域にも急速に広がっているため、WHOは世界保健緊急事態を宣言します。
  • WHOは国際社会に向けて「戦略的準備・対応計画」を発表する。
  • 2020年3月11日、WHOは高伝染性のCOVID-19をパンデミックと判断。各国政府は出入りの航空便を制限し、都市は封鎖され、世界全体が足踏み状態となった。

最新の更新情報

数ヶ月の間に、数え切れないほどの民間製薬会社が、ワクチンを早く作ることを期待してウイルスを研究し、研究してきました。最初のワクチンの投与は、2020年12月に英国と米国で行われた。

ワクチンの有効性や集団免疫を誘導できるかどうかについては、まだはるかに多くの疑問が残っている。英国で最初に報告された最近のCOVID-19変異株は、より感染力が強く、この新しい変異株がロールアウトされたワクチンに与える影響について、すでにより多くの懸念を提起しています。

また、現在、ワクチンの供給量には限りがあり、均等な分配を約束することはできません。低所得国では、国民のためにこれらのワクチンを確保することが困難になるだろう。世界の統計によると、今年2021年には8500万人以上の感染者が出ているという。

この記事を書いている時点では、米国が依然として2080万人の感染者数をリードしており、インドが1030万人、ブラジルが770万人と続いています。現在の感染者数、死亡者数、回復者数の詳細については、WHOのウェブサイトをご覧ください。

この病気の撲滅に近づいているのか、それともまだ遠いのかはまだわかりませんが、あなたが今できることは、保健当局から与えられた安全対策とコミュニティのガイドラインに従うことだけです。また、家にこもり、不必要な旅行を避けることで、簡単に協力することもできます。難しいかもしれませんが、協力すれば、病気の拡大を防ぐことができます。

COVID-19パンデミックの最新情報を得るために、信頼できる機関からのオンライン情報が無数にありますので、チェックしてみてください。また、誤った情報をオンラインで広めたり、ソーシャルメディア上で検証されていないニュースを共有したりすることは避けましょう。信頼できるメディア会社やニュースサイトが提供するニュースに固執する。

毎日バランスのとれた食事と運動をすることで健康を守りましょう。ビタミンを摂取し、メッセージングやビデオ通話アプリで友人や家族に追いつくことで気分を盛り上げましょう。

私たちのサイトの残りの部分をチェック

世界中のホラーや怪談、その他興味をそそる話題を集めてみました。花子のブログはあなたを何時間も楽しませてくれることでしょう。このサイトを友達と共有することを忘れないでください。お友達と一緒に楽しみましょう。

ご質問がある場合や、私たちのウェブサイトについての追加情報が必要な場合は、私たちのお問い合わせページに向かうことができますし、私たちにメッセージを送信してください。あなたの他の不気味な話や他の奇妙な出会いをここで共有すること自由に感じてください。